結婚

結婚ポータルサイト
企業PR広告
■該当件数2件中<1 〜 2を表示> 1

相続人のために遺言書を残しておきましょう。相続・遺言書が専門


もしあなたにお子さんがいない場合、あなたの兄弟姉妹、場合によっては甥っ子姪っ子までも相続人になる場合があります。
つまりあなたが亡くなればあなたの配偶者とあなたの兄弟姉妹とで話し合いの末遺産の帰属を決めるわけです。このようなことは配偶者にとって大変負担となります。
このような事態を未然に防ぐため、司法書士おおやなぎ事務所では遺言書を残しておくことをおすすめしております。
詳しいことは当事務所までご連絡いただければあなたのご自宅まで出張しまして、ご説明させていただきます。
出張先は茨城県全域、埼玉県全域、栃木県全域、群馬県全域すべて無料です承ります。
遺言書に関する相談は何でも茨城県古河市の司法書士おおやなぎ事務所へ。

交通事故問題で親に話をつけてもらえて


会社の飲み会で代行を利用しましたが、その時に自分の車で事故を起こされてしまい、相手が保険に入っていないということでした。
自分の車両保険に入っていないので代行会社にどうにかしてもらおうとしましたが取り合ってもらえず横浜SIA法律事務所に相談しました。事故を起こした相手は保険にも入っていなくて無職ということで困っていましたが、何とか今回の交通事故問題で親に話をつけてもらえて、分割ですが毎月車の修理代と慰謝料を支払ってもらえることになりました。